今回はリカバリー(回復)についてご紹介します。リカバリーとはオナニーをした後に行う応急処置のことですが、あまり重要視しない人が多いようです。

でもリカバリーこそオナ禁で失敗しないポイントといえるので軽視は禁物ですよ。

krikabari-

オナ禁を諦めてしまう原因

akirame

オナニーをした後、体はどういう状態にあるかというとジヒドロテストステロンという心身が萎える成分が活性化している状態になっています。

しかしほとんどの人はオナ禁に関する知識が皆無。せいぜい対策となっているのは小便をすることくらいではないでしょうか。それも気持ち悪いからという理由でしているに過ぎません。

以下で理由を説明しますが、リカバリーが適切に出来ていないとオナ禁で失敗するリスクがかなり高いのです。

オナ禁のメリットが高い程デメリットも高い

オナ禁のメリットはなんといっても全体的に男性的になりエネルギーがみなぎる点にあります。しかしその恩恵を受ければ受けるほど性欲は増し、射精した後の倦怠感が増加します。

男性的になるホルモンであるテストステロンが悪性ホルモンのジヒドロテストステロンに変換される為です。その点についてはオナ禁に必須の知識テストステロンとジヒドロテストステロンで詳しく紹介していますのでご参照ください。

オナニー後の倦怠感は性欲を誘発する

オナ禁をすると性欲が増しますがそれ以上に注意すべきなのはオナニーをした後でしょう。オナニー後の倦怠感は誘惑への抵抗力を失わせます。一気にダメ人間へといざなう為、必ずリカバリーを行って回避しましょう。

倦怠感こそ負の性欲の連鎖への始まり。オナ禁を続けていたけど諦めてしまう方のほとんどはこの負の連鎖に巻き込まれたからでしょう。

リカバリーの方法

rikabari
次に3つのリカバリー方法を紹介します。

汗をかく

オナニー後はとにかく汗をかきましょう。

サウナ、筋トレ、ジョギングなどをして汗を大量にかけばかくほど効果があります。倦怠感を起こす原因となるジヒドロテストステロンを汗とともにきれいさっぱり排出させることが出来るからです。

半身浴をする

でも上記の方法をオナニー後すぐに行うのはなかなか難しいですよね。そんな時はオナニー後に汗をかく方法として一番おすすめである半身浴を行ってください。半身浴を行うことでサウナと同等の汗をかくことができます。詳しいやり方はオナ禁と半身浴を習慣付けようで紹介していますのでご覧ください。

小便をする

オナニー後は少しでも体の水分を放出するようにしましょう。小便もジヒドロテストステロンの排出に有効です。たくさん排尿する為には利尿作用のあるコーヒーやお茶などのカフェインを多く含むものを摂取するようにしましょう。

まとめ

オナ禁で失敗する最大の原因は抜いたあとの倦怠感や性欲によるものです。汗をかく小便をするを実行してリカバリーを行いましょう。

当サイトは抜かないのではなく計画的に抜くことを推奨しています。従って抜いた後の準備もしっかり行って万全のリカバリーをすることも可能でしょう。そうすることでオナニーで生じる倦怠感の波を最小限に抑えます。これこそがオナ禁成功の秘訣です。