実はトランクス、ブリーフ、ボクサーパンツのどれにするかによっても性欲を刺激される度数が変わってくるようです。

僕はトランクス派だったのですがボクサーパンツに切り替えた所、体感として10%くらい性欲を抑えられるようになりました。

sitagi

ボクサーパンツがオナ禁に適している理由

なぜボクサーパンツかというとそれはトランクスの欠点を埋めているからです。その欠点とは股間の解放感がありすぎるという点です。すぐに股間に触ることができるトランクスとぴっちりと遮蔽されているボクサーパンツの性的な心理的距離は思っている以上に違います。


トランクスは通気性がよいのも困りものです。ちょっとしたことにも敏感な股間は空気が触れるだけでも性欲が誘発される可能性があります。

ボクサーパンツを既に使っている方

トランクスに変える必要はありません。ただボクサーパンツの上から股間をいじったりするクセがある方は要注意。ボクサーパンツと性欲を結びつけてしまっています。トランクスに一時的に履き替えてクセを直しましょう。

トランクスを履いている方

トランクスを愛用している方は通気性や緩さ・解放感を重視していると思いますが、ボクサーパンツにしてみましょう。ぴっちりしているのでワンサイズ上を履いてみて調子の悪いときや寝るときはトランクスなど、使い分けていって慣らしてください。

モテる下着もボクサーパンツ

女性にとってボクサーパンツとトランクスはどちらを履いていたほうがいいという明確な差は感じていないようです。ただあえていうとボクサーパンツのほうが男らしいイメージをもたれるようですね。太ももの部分がないブリーフは残念ながら論外の意見が多いようです。子供の下着のイメージが強すぎるからですね。

ボクサーパンツのデメリット

ボクサーパンツのデメリットは通気性が悪く睾丸を温めてしまいがちなところです。睾丸は温まりすぎると精子の生成が抑制されてしまいます。また、熱にやられて死んでしまうこともあるようです。精子の量は精力の源ともいえるのでデメリットですね。真夏や股間が蒸れる作業を行う場合はトランクスにしておきましょう。

まとめ

個人差はありますがトランクスよりボクサーブリーフのほうが物理的・心理的に股間から意識を遠ざけられて性欲をより抑えることが出来るでしょう。ただ睾丸を温めると精子の数に影響が出てしまうので注意してください。もちろん抜いた時に失う精子の量とは比べ物にならないのでそこまで神経質になる必要はありません。