「あの人はオーラがある」などとよく言われたりしますがオーラとは一体なんでしょうか。人はそれぞれ多種多様な見解を示します。

人間の体内から出る波長であったり、霊的エネルギーであったり様々ですね。しかしオーラというものが果たして単なるオカルト要素なのでしょうか。そこでオナ禁との関連性を考察していこうと思います。

kaura

テストステロンでオーラを得る

オーラというものの根源が実在するエネルギーから発するものであるとすれば、一番近いものがまさにテストステロンではないでしょうか。あなたがもしオーラを得たいと考えているのでしたらテストステロンを高めることでオーラを得ましょう。これで人を魅了する人間になれます。

テストステロンの五感的効果

gokan

  • 異性を引き付ける甘い匂いや味を発する→嗅覚・味覚
  • 肌の色が男性的な褐色がかった色になる→視覚
  • 自信が高まり声が大きく通るようになる→聴覚
  • 基礎代謝が上がり体温が上昇する→触覚

このように人間の五感すべてに訴えかけるのがテストステロンです。テストステロンを高めるうちに自身のフェロモンがそのうち溢れ出るようになるでしょう。それがオーラとしての存在感を表していきます。

オーラと自信との関係性

jisin

オナ禁をすると自信に溢れるようになります。これは間違いないです。振舞いや行動からも今までの自分とは違った感覚で行うことができ、人を惹きつけられるようになるでしょう。

目で見た感覚(視覚)こそ人間の最大の情報源です。特に女性はあらゆる情報を[目]で観察しており、男の価値を冷徹に判断していますので、自信のある振る舞いさえ行っていればこの人はオーラがあるなと判断されるでしょう。

まとめ

オーラを得たいのならテストステロンです。テストステロン値が高い男性は同性異性に関わらずモテますしやはりオーラが違います。オナ禁でテストステロンの上昇と自信がみなぎる相乗効果で人間の五感に訴えかけていきましょう。